薬剤師の求人コラム

近年の薬剤師の求人の動向

ようこそ、「薬剤師の求人コラム」へ。

当サイトでは、薬剤師の職に就きたい方にとって有用な情報を掲載しています。

 

薬剤師として活躍したい方はもちろん、将来薬剤師になりたい方も是非最後までお付き合い下さい。

 

まず、薬剤師の求人動向についてご紹介します。結論から簡潔に述べると、調剤薬局では求人数が増加している反面、店舗販売業では求人数が減少しています。

 

調剤薬局で求人数が増えている理由は、医薬分業の徹底化にあると言えます。昔は受診した病院でお薬が処方されることが一般的でした。

 

そのため、薬剤師の需要は少なかったのですが、1990年頃から医薬分業が徹底され、医療機関が調剤をやめて処方箋を発行するようになりました。その結果、薬剤師の需要が急激に高まったのです。

 

現在においては、医薬分業がかなり進んでいるとはいえ、まだ不完全であり、国は今もなお医薬分業に力を入れています。

 

そのため、今後も調剤を行う医療機関は減少する傾向にあり、調剤薬局の新規出店による薬剤師の需要は当面続くものと思われます。 一方で、店舗販売業で求人数が減っている理由は、登録販売者制度の導入にあると言えます。

 

登録販売者制度の導入により、販売店舗では薬剤師の代わりに時給の安い登録販売者に置き換えられつつあります。 登録販売者制度の詳細については別のページで紹介いたします。

 

よくわかる調剤薬局のことなら

神戸の卓球教室、
卓球スクールをお探しの方へ
神戸スポーツ振興会

薬剤師の求人サイトについて

最近ではインターネットも普及して薬剤師の求人サイトも多くなってきました。薬剤師求人サイトのほとんどは登録制で、WEB上での公開求人のほか、非公開の求人も取り扱っています。初めて利用される方でも、丁寧なキャリアカウンセリングをしてもらえるので、安心して利用できるのではないでしょうか? それでは以下に求人サイトの一般的な利用の仕方についてご説明します。

 

まず求人サイトに会員として登録します。登録後、キャリアカウンセラーが、求職者の希望を事細かに聞いて、それに対して適切な職場を選んだあと、企業を紹介してくれます。求職者の希望とあった職場であれば、応募書類を作成して応募します。すると求人サイトから推薦文が企業に送られます。

 

企業による選考基準を満たすと面接に進みます。あとは、通常の就職活動と同じです。無事企業のお眼鏡にかなうと内定・入社となります。

 

サイトによっては、入社後の祝い金やサポートなども充実していますので、自分にあった安心できる求人サイトを見つけて利用されることをお勧めします。あなたの求職活動がうまくいくようにかげながらお祈りしております。

 

薬剤師の人材バンクについて

人材バンクとは、厚生労働大臣の許可を受けた職業紹介をしてくれる民間の職業紹介会社のことをいいます。名称が似ていますが公的機関であるハローワークの関連機関である人材銀行とは違うものです。また、同じく構成労働大臣の許可が必要な労働者派遣事業とも別物です。人材バンクは、派遣と違い就職を希望する会社に直接正社員として働けるように斡旋してくれるサービスを提供している会社のことをいいます。

 

人材バンクを利用するのに適している方は、正社員となることを希望している方です。 求人情報誌やホームページで求人情報だけを掲載しているような会社とは違い、担当コンサルタントが面談して希望条件を聞き、求職者のスキル等にマッチする企業を紹介してくれます。応募を希望をすれば企業へ推薦もしてくれます。

 

紹介を受けるためには職務経歴やスキル、希望条件等を登録する必要があります。登録時にマッチする企業がなければ、新しい求人情報が入った時点で、随時あなたにあう会社を紹介してくれます。 すぐにでも働きたい方やじっくり自分の希望する就職先を吟味したい方などそれぞれのニーズに合わせてコンサルタントが相談に乗ってくれます。あなたにあった就職先が見つかるようお祈りしています。