ドラッグストアのお届けする薬剤師の求人サイトについての解説

薬剤師の今後と求人先についての考察

薬を販売する店舗販売業の中でも、ドラッグストアについて解説します。

 

ドラッグストアとは、健康と美容に関する医薬品や日用品などを手軽に買えるようにした小売販売形態です。 日本では、多くのドラッグストアが「薬局」や「店舗販売業」の許可を受けて営業しています。

光熱費込み、清掃費込み、インターネット即日接続できる大阪市淀川区のマンスリーマンション 大阪 大阪最安値に自信があります! お気軽にお電話下さい 0120-686-277

 

昔は院外処方箋による調剤が少なかったので処方箋による調剤をしない一般販売業や、 薬剤師がいない薬種商販売業としての営業されていました。 しかし、近年の医薬分業の進展を背景に「薬局」として営業するものが増えています。

ドラッグストアとは健康と美容に関する医薬品や日用品をセルフサービスで買えるようにした小売業態です。

 

ドラッグストアでは、一般用医薬品(風邪薬・咳止めなど)などの薬剤師がいないと販売できない薬を扱う店舗が多く、それらのお店は薬剤師の勤務時間がお店の営業時間となります。ただし、医薬品の売り場だけをカーテンなどで仕切って、医薬品以外の品目を販売する工夫をしているお店もあります。 ドラッグストアは安売りを売りにする傾向が強く、特にサプリメント類やドリンク剤等のよく飲まれる健康補助食品などはドラッグストアの主力商品となっています。

 

近年ではディスカウントストア等の量販店がドラッグストアに参入しようとする動きもあり、 特にサプリメント類の市場は、競争激化の様相を見せています。 こうした競争激化に伴い、共同仕入れによるコスト削減や利益率の高いプライベートブランドの開発を目的として、ドラッグストアのグループ化が進んでいます。

 

ドラッグストアには、面白いものもいろいろ売られていますので、あなたも一度足を運んで見られてはいかがでしょうか?

 

薬剤師 募集