ドラッグストアのお届けするあなたは登録販売者制度の誕生についてどう考えますか?

薬剤師の過剰についてどう考えますか?

薬剤師の過剰登録に追い討ちをかけるのかどうかは定かではありませんが、 平成21年6月に登録販売者制度が誕生しました。この試験は実務経験等の一定の条件を満たすことで誰でも受験できるものです。 登録販売者は、ドラッグチェーンや薬局で第2類・第3類の医薬品を販売することができます。

光熱費込み、清掃費込み、インターネット即日接続できる大阪市淀川区のマンスリーマンション 大阪 大阪最安値に自信があります! お気軽にお電話下さい 0120-686-277

 

一般用医薬品の95%以上が第二類・第三類医薬品に指定されていますので、薬局に置かれている大半の医薬品を登録販売者が販売することができるといえます。

 

利潤追求を第一の目的と考える薬局チェーンなどは、社員を大量に受験させて、薬剤師のかわりに登録販売者を多く配置することにより、人件費抑制につなげようとする動きもみられます。

ドラッグストアとは健康と美容に関する医薬品や日用品をセルフサービスで買えるようにした小売業態です。

 

さらに薬剤師でなくても一部の医薬品を販売可能となったことから、異業種によるドラッグ業界の参入が加速することも考えられます。 また、登録販売者として3年勤務することにより、第一類医薬品を扱う店舗販売業の管理者になることできます。第一類医薬品を販売する資格を有しない登録販売者が管理者となることには、薬剤師会から異議が申し立てられているような実情があります。

 

あなたは、登録販売者に関してどのようにお考えになりますか?

調剤薬局